サウナについて真剣に考えてみる SEASON3

独立準備に奮闘中の美容師飴山正章です。

東京都町田市町田駅近辺にオープン予定です!

 

本日は土曜日であります!

日曜日が待ちきれなくてではありません…。

サウナの事が語りたくて我慢できずでもありません…。

最近サウナに行けてないから取り乱してる訳でもございません…。

明日はどうしても明日に書きたい記事があるので1日繰り上げてのサウナ記事であります!

(どんだけサウナの事を語りたいのやら…)

 

突然ですが、

サウナが大好きです!

(知ってるって…)

 

サウナに入らない時はサウナ記事でサウナ入った気になっています。

(結局そういう事です…)

 

さぁ今日は何を語りましょうか!?

水風呂いきますかね?

 

どうでもいいですよね…きっと。

勝手にやれよ!

って思ってますよね…きっと。

 

では!

 

水風呂について

 

いっちゃいます!

 

ルール

必ずサウナでかいた汗を流してから入ってください!沢山の人がととのうためにセッションを繰り返す場所であります。

最高にととのうためには良い環境が必要だと考えます。汗はしっかり流してから入りましょう。

なかなかの潔癖の僕は他のサウナーの汗の行方が気になってしまいます…

入り方

なんでもいきなりってのは良くありません。

熱々のサウナから冷た〜い水風呂に入るわけですからいきなりってのは良くありません。

ヒートショックを起こす可能性だってあります!気をつけなくてはいけません。

ですから、心臓から遠いところ(足ですね)からゆっくりと徐々に慣らしていきましょう。

僕個人の意見としては首から下全てを水風呂に浸かった方がととのう気がします。

よく、高校の屋上の手摺りに腕をかけて青春を語った時のようなポーズで腕を水風呂につけない方がいますが、あれは完全体を目指すには遠回りな気がします。

指先までやっちゃってください。

その方がととのいやすくなります!

 

サウナで血管が広がり、水風呂で収縮する。

水風呂から上がれば元の血管の太さに戻る。

この事で血流が良くなります。なので肩凝りなどをお持ちの方にもオススメですよ!

水風呂に入ると身体が冷えるイメージがありますが、そんな事はありません。

水風呂で冷えた身体は身体を温めようと働きます。

だから冷え性の改善にもなるのです!

それがととのうにつながっていきます。

そしてサウナに入る事により交感神経が刺激され、水風呂に入る事により副交感神経が刺激されます!

自律神経が整ったり

(えっ?ととのう?)

新陳代謝が高まりますのでアンチエイジング効果があったりするのです!

 

真面目ですね…今日の話…

 

プロサウナーになるためにはこのくらいしないと…

まだまだ足りないくらいなので…

布教活動でございます。

 

次いきます。

 

時間

 

これは賛否あると思いますが、ベースはあります。

基本はサウナに入っている時間÷5です!

5分サウナに入ったのなら5×60÷5=60(1分)

ですね。

10分入ったのなら10×60÷5=120(2分)

となります。

15分頑張っちゃったら

(もういいですね…)

となる訳です。

あくまで基本ベースですからね!

水風呂の入りすぎはダメダメです!

身体が冷えすぎて風邪をひく恐れがありますし、めまいや貧血などを起こす恐れもあります。

 

理屈をベラベラ語ってたら日付けが…

変わってしまいました…

 

1日1投稿が…

 

今日は終わりまーす!

 

今日もここまでお付き合いいただきましてありがとうございます!

【LINE@友達追加】

LINE公式アカウントです。
ご予約やご質問等こちらからお気軽にお問い合わせください。

友だち追加


プロフィール
この記事を書いた人

hair curuのオーナースタイリスト。
都内チェーン美容室のエリア統括部長まで経験し、2017年3月に町田にhair curuをオープンする。
10代〜70代までたくさんのお客様に支持されている美容師。
プロ野球とサウナをこよなく愛し、個人ブログでその想いを綴っている。

飴山 正章をフォローする
サウナ啓蒙記事
Ameyama Masaaki.com
タイトルとURLをコピーしました