20年勤めたサロンを離れ独立を決意した38歳美容師について 4

episode 4「旅立ち」

「あたしとあの子どっちが大事なの?ハッキリしなさいよ!」

……。

※もちろん筆者はそんな事言われた経験ありません…。

どちらかを選ぶ。

長い人生の中で何度、どちらかを選ぶ、選ばなければならない瞬間に出会うのでしょうか?

選ぶ物事に「大きい-小さい」「重い-軽い」はあってもどちらかを選択すれば確実に未来は変わる。

選ぶという行為はとても大変な事なのではないでしょうか。

企業戦士として生きるか
一国一城の主となるか

決心するまでは本当に毎日が曇り空でした。

※若い頃のように雷雨はなかったですが…

毎日がある。

部下がいて、
もちろんお客様がご来店されて、毎日がある。
ここまでお客様について全く触れずにきましたが

最後に決め手となったのは

お客様への想いでした。

「お客様の生活、そして人生に末長く携われる美容師でいたい。」

決心しました。

自分のお店を持つ。

父のように。

お客様に末長く携われる美容師であるために。

これまでの時間で身につけた全てを
これから関わる全ての方と
僕のお店に来ていただけるお客様に
施させていただきます。

穏やかに末長く。

終わり。

【LINE@友達追加】
LINE公式アカウントです。
ご予約やご質問等こちらからお気軽にお問い合わせください。

友だち追加


プロフィール
この記事を書いた人

hair curuのオーナースタイリスト。
都内チェーン美容室のエリア統括部長まで経験し、2017年3月に町田にhair curuをオープンする。
10代〜70代までたくさんのお客様に支持されている美容師。
プロ野球とサウナをこよなく愛し、個人ブログでその想いを綴っている。

飴山 正章をフォローする
独立について
Ameyama Masaaki.com
タイトルとURLをコピーしました